このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

約20年、10万人、1,000社におよぶ「人間力」と「業績」 向上支援実績

ご挨拶

謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます

この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

株式会社さくら総合研究所では、被災者の皆様の救援や被災地の復興にお役立て頂くため、売上金の一部を義援金として寄贈させて頂くことに決定致しました。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

株式会社 さくら総合研究所 代表取締役 前田英三郎


2010年11月11日 「株式会社さくら総合研究所が公益財団法人日本生産性本部を通じてサポートさせていただいている
株式会社武蔵野様が日本経営品質賞を国内初2度目の受賞に輝きました。」

 
2010年11月6日(土)株式会社武蔵野 代表取締役 小山 昇 著(前田 英三郎 監修)
「人事課がなくなる日」がリリースされました。

株式会社武蔵野様が導入され、業績向上をもたらした組織解析プログラム「エナジャイザー」
(株式会社さくら総合研究所の公益財団法人日本生産性本部へのOEM供給版)について詳しく書かれています。

            ※内容等につきましてのお問い合わせはこちらからお問い合わせはこちらから


ご挨拶

  ・人は皆、常に一生(所)懸命で全てには肯定的意図がある。
  ・人は皆、人とより良い関係性を築きたいと思っているし努力もしている。
  ・人は皆、より良い仕事をしたいと思っているし努力もしている。
  ・人は皆、成長意欲がある。

これは、私たちが日々の業務をすすめていくうえでの大前提です。

 そして、
         ・ひとり一人の価値観を大切に。

 をキーワードに、
        「こころ」と「思考」と「知識」の統合
         「知識」と「思考」と「現実」の整合性
         人と人、人と組織の関係性の向上

 のお手伝いをさせていただいております。

2012年クレドは

「育てる」から「ともに育つへ」
「社員を信頼し、ひとり一人の成長を支援する経営」 のサポートをさせていただいています。

となっております。

今まで、多くの皆様に育てていただいた感謝の気持ちを全社員こころに刻み、日々精進してまいる覚悟でございます。お問い合わせやご質問等なんなりとお寄せください。こころよりお待ち申し上げます。
時節柄、ご自愛ください。

株式会社 さくら総合研究所 前田英三郎



さくら総合研究所の「各種研修」について

各種研修
・言葉の環境整備研修
・統合ワーク
・内定者研修

さくら総合研究所の「採用支援」について

採用支援
・採用支援
・新卒採用支援
・中途採用支援

さくら総合研究所の「組織解析」について

組織解析
組織の保有する潜在能力の顕在化を支援します。
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2010 by Eizaburo Maeda. All rights reserved.